購入前に確認したい

サプリ青汁と神仙桑抹茶ゴールドの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前から粒タイプの青汁の人気が急上昇しています。

価格も粉末青汁と比較しても安い場合が多く、青汁を初めて飲む人からも支持されやすい点にあり、仕事中でもサクッと栄養補給が可能となりますので、毎日忙しく仕事・家事をこなしているあなたに相性の良い青汁です。
粒(サプリ)青汁おすすめ比較ランキング
そんな粒サプリ青汁と鉄分がたっぷり配合してある神仙桑抹茶ゴールドで比較してみたいと思います。

 

粒青汁と神仙桑抹茶ゴールドを比較

価格で比較

神仙桑抹茶ゴールドは、60包入りの2人分を想定した青汁なので,どうしても価格が高くなりがちです。

その分この量を1ヶ月で飲めば、大量の栄養を補給できる点は間違いありませんが、どうしても値段の高さが気になってしまいます・・・

 

その点粒サプリ青汁の『青汁ゴーヤ』なら、かなりお得!

いつでも利用中止が出来る定期コースとして青汁ゴーヤを買った場合でしたら、1ヶ月分が1440円で購入できるんです!

神仙桑抹茶ゴールドは、1番安い販売先を使った場合でも、5000円程度しますので、1440✕2=2,880円と考えると約2000円以上粒タイプの青汁にするだけで節約できてしまいます。

 

 

栄養成分で比較

確かに価格で比較した場合でしたら、明らかに粒タイプの青汁のほうがお得です。

しかしながら、神仙桑抹茶ゴールドの魅力は糖分をブロックしてくれるダイエットとして性能の高さや鉄分がほうれん草の約10倍入っている栄養成分成分です。

 

粒青汁として抜群の人気を誇る青汁ゴーヤですが、詳しい栄養素の比率に関しては、販売先から確認出来ませんでしたので、正直不安に感じてもなんら不思議ではありません。

 

 

飲みやすさで比較

こちらの項目で比較する場合でしたら、圧倒的に粒タイプの青汁に軍配が上がるでしょう。

神仙桑抹茶ゴールドは栄養素は業界でも類を見ない高さが特徴の人気青汁ですが、どうしても青汁らしい苦味が強いのが特徴でもありますので、お子さん用や苦味が強い飲み物は苦手・・・(´・ω・`)そんな方との相性は全く良くありません。

 

美味しいと評判のフルーツ青汁ですら一部の利用者からは、全く美味しくないと言われていることから考えても、飲みやすさで比較すると粒タイプの青汁を使えば、少なくとも不味くて返品したい・・・と考えることはなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加